レア7防具

上位終盤やクリア後に作成できる装備です。上位の最高レアなだけあって、高性能な装備が多く重宝します。全14種

スポンサーリンク

金色シリーズ

ラージャンの素材を使って生産可能な装備で、和風テイストな見た目をしており本作の雰囲気に合った装備と言えます。また、男性(タイプ01)の頭部位に生えている立派な角が非常に特徴的です。

ダマスクシリーズ

古龍の血と各種モンスター素材を使って生産可能な装備で、アロイやインゴットとは少し趣が異なる重厚な金属質の鎧を纏ったデザインとなっています。着彩設定の範囲も広く、特に胴部位のマントは見た目装備としても応用が効くでしょう。

炎の封眼

里クエスト(オフライン)を全てクリアすると生産できるようになる装備です。見た目は眼帯で、目の良し悪しは関係無く付けると左目が見えなくなります。着彩設定も可能ですが、普段のプレイだと後ろ姿しか映らないのであまり印象に残らないかもしれません。

クシャナシリーズ

クシャルダオラの素材を使って生産可能な装備で、見た目は重厚な金属鎧といった趣です。デザイン的にはタイプ02の頭部位に付いているトサカが特徴的ですが、クシャルダオラ自身にトサカの要素はありません。

ミヅハシリーズ

オオナズチの素材を使って生産可能な装備で、トンガリ帽子が目を引くデザインとなっています。オオナズチがカメレオンをモチーフとしているからか着彩設定の範囲も広く、全身の色を変えることが可能となっています。

カイザーシリーズ

テオ・テスカトルの素材を使って生産可能な装備で、デザインはシルエット細めの鎧です。タイプ01の頭部位が城塞みたいな形をしているのが特徴と言えなくもありません。

バゼルシリーズ

MHWで初登場し色々な意味で猛威を振るったバゼルギウスの素材を使った装備です。全身にバゼルギウスの特徴でもある爆鱗をあしらった装飾が施されており、シンプルながらも味のあるデザインに仕上がっています。

しまきシリーズ

本作の中ボス兼かませ的ポジションである「イブシマキヒコ」の素材を使って生産可能な装備で、デザインのイメージは「風神」かと思われます。

なるかみシリーズ

Ver.2.0.0以前における本作の大ボス的ポジションである「ナルハタタヒメ」の素材を使って生産可能な装備で、雷神をモチーフとしているようです。デザイン的には風神をモチーフとした「しまきシリーズ」と、モンスターがそうであるように対の関係となっています。

練達の羽根飾り

闘技大会01〜06を、全ての武器を使ってクリアすることでウツシ教官から入手できる装備です。生産は不可能な一点物ですが、売却や破棄も出来ないため誤って無くすことはありません。なお、デザインは同じく闘技大会関連で入手できる強弓の羽根飾りと同じです。

赫耀シリーズ

Ver.3.0.0で追加された新モンスター「奇しき赫耀のバルファルク」の素材を使って生産できる装備です。デザインはMHXXに登場したバルクシリーズの剣士装備がベースとなっていますが、特殊個体の素材を使っているからか全体的に色がくすんでいます。

シャドウアイ

2021年7月23日に配信されたイベントクエスト「氷の刃が眩しくて」をクリアすることで入手できる「漆黒の水晶」などを使って生産できる装備で、オシャレな雰囲気を醸し出しているサングラスです。

蒼世ノ侍シリーズ

2022年1月21日に配信された上位イベントクエスト「USJ・大社跡の大立ち回り!」をクリアすることで作成可能となる装備です。見た目はオシャレな侍といった出で立ちで、USJコラボあるあるなデザインでもあります。
2022.07.23

クロオビSシリーズ

2022年6月29日にサンブレイク発売記念(?)として配信された、クロオビシリーズの上位装備です。なぜだか下位装備から色味が変わっていますが、着彩設定で好きなように弄れるのであまり問題は無いでしょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました